新インナーゴルフで70台を目指す❗️[第6章]習得の技術❗️

ゴルフ

 

どうも、いしやん(ishiyaaanT_T)です。

 

新インナーゴルフを読んで70台を目指しています。

 

 

インナーゴルフについては、以下の記事でかんたんにまとめています。

 

【読書感想】新インナーゴルフ!型の大河で溺れているゴルファー必見!
どうも、いしやん(ishiyaaanT_T)です。 面白いゴルフの本を見つけたので紹介します。 新 インナーゴルフです。 インナーゴルフとは、自分の中には「2人の自分」が存在…

 

インナーゴルフの理解を深めるためにアウトプットしています。

 

[第6章] 習得の技術

 

レッスン記事をいくら読んでもセルフ1が満足するだけ、セルフ2には伝わらない(百害あって一利なし)

 

セルフ2は言葉を理解できない。

 

けれど技術レッスンも活用法次第では自然習得のヒントになる。

 

技術レッスンに依存するから内部感覚が麻痺してしまう

 

技術レッスンを活用するには、「体験」が知識に先行するべきという原則を理解する。

 

スイングのエラーの最大要因は自分自身を十分に信頼しないこと。

 

知覚力を活用する上達法では、自分の肉体やクラブ、ボールなどに意識を集中するだけで、ゴルフスイングのテクニックを大量に習得することができる。

 

他人の体験から生まれた技術レッスンを「ヒント」に使う

 

生徒はコーチの言葉を、自己不信や恐れ、評価癖なしに受け入れる。

 

コーチにとっては、生徒にいかに自然習得を体験させるか、セルフ1をと遠ざけるかが鍵。

 

適切なグリップの硬さは内側の「体感・体験」で覚える

 

レッスン書に従って「しっかりしたグリップ」をすると、多くの場合、固く握ってしまう。

 

ボールを打つのに自由な動きが阻害され、パワーと正確性の両方が自分の意思で阻害される。

 

そこでグリップがしっかりしていないからだと勘違いして、更に力が入り手首だけでなく腕や肩、最後には首にまで力が入り萎縮したスイングになる。

 

「しっかり」した度合いがわからないから、「リラックス」した度合いもわからない。

 

細部にこだわらず流れの中でセルフ2に感覚をつかませる

 

プロの技術を盗む。

 

「あのプロがやっている通りに私もやろう」という意図で見ないこと。

 

ただ率直に、単純に見ること。

 

「一部分でもいいからプロの秘密を盗もう」といった脂っこい視点ではなく、自然で静かにプレーを見る。

 

セルフ2は自然に見る箇所を絞り始める。

 

言葉に変換して覚える必要はない。

 

見たまんまを持ち帰る。

 

「今までの自分のやり方で通すか、プロの真似をするか」を判断する必要はない。

 

自分が体験で選択を試していく様子を、客観的に眺めながら自分の動きを感じ取り、結果を観察する。

 

「自分自身に習得させる」

 

以上、新インナーゴルフ[第6章] 習得の技術をかんたんにまとめて見ました。

 

 

【読書感想】新インナーゴルフ!型の大河で溺れているゴルファー必見!
どうも、いしやん(ishiyaaanT_T)です。 面白いゴルフの本を見つけたので紹介します。 新 インナーゴルフです。 インナーゴルフとは、自分の中には「2人の自分」が存在...
新インナーゴルフで70台を目指す❗️[第2章]発声練習で90を切る❗️
どうも、いしやん(ishiyaaanT_T)です。 新インナーゴルフを読んで70台を目指します。 この本の著者W.Tガルウェイは、もともとテニスのティーチングプロでインナーゲーム理...
新インナーゴルフで70台を目指す❗️[第3章]力みはなぜ起こる❗️
どうも、いしやん(ishiyaaanT_T)です。 新インナーゴルフを読んで70台を目指しています。 インナーゴルフってなんやねん?方は、以下のブログでザックリ解説しています。 ...
新インナーゴルフで70台を目指す❗️[第4章]自己不信の克服❗️
どうも、いしやん(ishiyaaanT_T)です。 新インナーゴルフを読んで70台を目指しています。 インナーゴルフってなんやねん?方は、以下のブログでザックリ解説しています。 ...
新インナーゴルフで70台を目指す❗️[第5章]知覚力の活用❗️
どうも、いしやん(ishiyaaanT_T)です。 新インナーゴルフを読んで70台を目指しています。 インナーゴルフについては、以下の記事でかんたんにまとめています。 ...

コメント