真面目で素直な人ほどゴルフ(スポーツ全般)で結果が出ない理由!

ゴルフ

 

今日お昼にTBSの「ひるおび!」を見ていたら大谷選手の特集をやっていましたが、そこで面白いことを言っていました。

 

大谷選手がメジャーで大活躍している理由やスイング分析を、元日ハムコーチの白井一幸さんが解説していましたが、大谷選手の活躍にの秘訣はアッパースイングにあるといっていました。

 

私も小学校から野球をしていますが、

アッパースイング = 悪

 

で教えられました。

 

ボールは上から下に叩きつけろ!

 

みたいに教わりましたが、白井元コーチいわく、ピッチャーが投げるボールは必ず上から下に落ちてくる。

 

剛速球のピッチャーの球がホップするとか言いますが、そう見えるだけでボールは必ず上から下の起動できます。

 

上から下に来る軌道を上から叩きつけようとすると、点でしかとらえることしかできませんが、アッパースイングなら軌道に沿ってスイングできるので線でとらえることができるし、パワーの伝達も効率がいい。

 

今でも上から下に叩きつけろという指導がされているようですが、指導者のいうことを素直に聞く選手の方が結果が出ないと、研究結果でも出ているそうです。

 

私たちの世代は、指導者のいうことは絶対みたいな感じでしたが、浅田真央ちゃんや松山英樹プロは指導されても自分に合わないなと思ったら平気で無視するそうです。

 

スポーツって自分の感覚でするものなので、自分の感覚を大事にしないといけないんですね。

 

私は4スタンス理論で自分の感覚を取り戻すことができました。

 

練習してもなかなか上達しない。

 

最近どうも伸び悩んでいるとお悩みなら、こちらの記事も参考にどうぞ!

 

 

【必見】練習すればするほどヘタになるゴルファーは4スタンス理論を要チェック!
ゴルフってなかなか上達しないですよね。 私は上達しないならまだしも、練習すればするほど、どんどんヘタになっていきました。 ゴルフの練習は「ヘタが固まる」とよく言いますが、まさにそれです。 そんな時に出会ったのが、4スタンス...

 

 

コメント