【最新比較】WealthNavi(ウェルスナビ )とTHEO(テオ)!性能・手数料共に圧倒的に差があります!

投資・お金

 

どうも、いしやん(@ishiyaaan0703)です。

 

2大ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ )とTHEO(テオ)。

 

どっちで始めた方がいいのか迷いますよね。

 

先に言っときますが、テオの方が性能も上ですし、手数料の割引も大きいです。

 

これからロボアドバイザーを始めるなら、絶対的にテオで始めるべきです。

 

THEOの詳細はこちら

 

ウェルスナビとテオを比較して、テオをおすすめする理由を解説していきます。

 

【比較】ウェルスナビとテオ

「最低投資金額」テオは1万円・ウェルスナビは10万円

 

最低投資金額はテオの方が圧倒的に安く、投資初心者にも始めやすい設定になっています。

 

手数料は同じ!でもテオの方が割引が大きい

 

手数料はウェルスナビもテオも同じで、3,000万円まで年率1%、3,000万円を超える部分は0.5%です。

 

両者とも、毎月積立を継続して、引き下ろしをしなければ、条件によって割引が適用されますが、ウェルスナビは最大で0.9%に対し、テオは最大で0.65%まで割引が効きます。

 

長期割|ロボアドバイザーならWealthNavi(ウェルスナビ)
WealthNavi(ウェルスナビ)は取引ごとの手数料はいただかず、預かり資産の評価額に応じた手数料をいただき、お客様とWealthNaviの利益を一致させる仕組みを採用しています。
THEO COLOR PALETTE | 資産運用を、もっと身近に
手数料最大35%オフ!お客さまの長期的な資産形成をサポートします。

 

節税機能もテオの方が上

 

ウェルスナビ にはDeTAX、テオにはTax Optimizerという自動節税機能が備わっています。

 

本来は支払わなければいけない税金を、わざと損失を出して節税するというミラクルな機能です。

 

数あるロボアドバイザーの中でもウェルスナビ とテオにしかない機能ですが、ウェルスナビ のDeTAXは税金が1万円以上になる場合に機能しますが、テオのTax Optimizerは2千円以上で機能します。

 

税金が2万円以上発生するには、かなり高額の資産をブチ込んでおかないといけないので、2万円と2千円のさは大きいです。

 

DeTAX(デタックス)について教えてください
DeTAX(デタックス)は、税負担を自動で最適化する機能です。 分配金の受け取りやETF(上場投資信託)の売却によって利益が実現すると、その利益に対して税負担が生じます。DeTAXは、税負担が4千円を超える場合を目安に、税負担の一部または全部を翌年以降に繰り延べます。繰り延べがなかった場合より運用できる金額が増えるため...
お金のデザイン » 自動税金最適化サービス 「THEO Tax Optimizer(テオ タックス オプティマイザー)」 導入のお知らせ
株式会社お金のデザインのニュースリリースのページ

 

テオはロボアドで唯一人工知能を搭載している

 

テオはニュースやSNS、ブログなどを人工知能がチェックして株価の暴落を予測します。

 

テオ以外のロボアドは、機械的にポートフォリオを組むだけで実はロボットは全く関係ありません。

 

真のロボアドはテオだけ!

 

ただ、テオに人工知能が搭載されてから、一度も暴落がないので効果は未知数です。

 

「THEO AIアシスト」とは
2018年5月16日に、THEOに、「THEO AIアシスト」という機能が実装されました。この新機能について導入の背景やメリットをご紹介します。

 

テオがウェルスナビより劣るところは利用者数と預かり資産

ウェルスナビは2020年2月13日時点で、預かり資産が2300億円、28万口座を突破しています。

 

テオは2020年2月16日時点で、約600億円、運用者数は11万口座です。

 

これだけ差が開いた要因として、ウェルスナビ の方が最低投資金額が高いということもありますが(私がウェルスナビを始めた時は30万円から)、ウェルスナビの柴山CEOは世界一のコンサル集団とも言われるマッキンゼー出身なので、「マーケティングがうまいなぁ」と感じます。

 

有名ブロガーとタイアップして宣伝したり、柴山CEO自ら多くのメディアに出ています。

 

まとめ

 

今回はウェルスナビとテオを比較してみましたが、この他にも運用商品や運用方法など、細かい点で違いはたくさんありますが、これらの違いは実際に長期で運用してみないと、どちらがいいのか判断はできません。

 

私は以前、ウェルスナビとテオを比較すると、ウェルスナビをおすすめしていましたが、最近はテオが人工知能を搭載👉手数料を割引👉節税機能を追加など、飛躍的に性能がUPしたので、現時点ではおすすめのロボアドはテオ一択です。

 

最近は老後に2,000万円も不足するという金融庁のレポートが話題になっていますが、老後に苦労しないように、早い段階から資産運用を始めてみてはいかがでしょうか。

 

資産運用のはじめの一歩として、テオなどのロボアドバイザーは最適です。

 

THEO

 

 

P.S. ウェルスナビとテオは併用する必要なし!

 

ウェルスナビもテオもどちらも優秀なロボアドですが、両方を併用する必要はありません。

 

ウェルスナビもテオも海外ETFに分散投資をしているので、ほとんど同じ値動きをします。

 

ウェルスナビもテオも投資の中では、超ローリスクな投資になるので、両方をやる余裕があるなら、もう少しリスクをとったソーシャルレンディングや株など、リスクを取れる範囲でいろんな投資をしてみるのも面白いし、多少のリスクを取らないと資産も増えません。

 

私はウェルスナビとテオでは、どっちが優秀なのか気になったので両方で運用していますが、テオに一本化する予定です。

 

THEO

コメント