株価下落!WealthNaviとTHEOのパフォーマンスはどうなった?

投資・お金

 

2018年12月21日日経平均株価が¥2166.19と今年の最安値になりましたね。

 

チャート画像

 

株価が下落した時に、ロボアドバイザーのパフォーマンスはどうなったのでしょうか?

 

投資金額や期間に違いがありますが、私が運用しているWealthNaviとTHEOで比較してみます。

 

2018/12/22現在 WealthNaviの運用実績!

 

¥建て¥386,311

-¥23,689-5.78%

 

$建て$3,475.29

-$265.72-7.10%

 

2108/12/22現在 THEO運用実績!

 

\建て¥228,709

-¥11,291-4.70%

 

$建て$2,055.07’

-$105.80-4.90%

 

【結果】WealthNaviとTHEOも同じくらいマイナス!

 

まぁ当然ですね。

 

WealthNaviもTHEOも同じような海外ETFで運用しているので。

 

ロボアドバイザーはマイナスになっても気にしない!

 

株価は上がったり下がったりを繰り返します。

 

ロボアドバイザーは長期的にリターンを狙っていく投資なので、マイナスになったからといって解約なんかしたらもったいないです。

 

株価が下がれば株を安く買えるセールです。

 

ロボアドバイザーは株価が下がった時や定期的にリバランスを自動でしてくれます。

 

安くなった株を自動で買い増ししてくれるんです。

 

そうすれば株価が回復したときに、株価が下がる前よりも儲かります。

 

長い目で見るというより、とにかく放置プレーでいきましょう。

 

後は勝手にロボアドバイザーがいい感じにやってくれるんで!

 

WealthNaviの詳細はこちら

 

THEOの詳細はこちら

 

コメント