【感動した!】大阪桐蔭が史上初2度目の春夏連覇した強さの秘訣!

雑記

第100回全国高校野球選手権記念大会は、大阪桐蔭が史上初の2度目春夏連覇しましたね。

いや~ホントに強かったですね。

大阪桐蔭の西谷浩一監督の優勝インタビューを聞いていて感動しました。

新チームになってから春夏連覇するぞ!と言い続けてきたそうです。

目標を春夏連覇という超ハードルを上げ切って、それを見事に達成する。

凄いですね。

感動して涙してしまいました。

目標を春夏連覇に設定していた高校が他にあるでしょうか?

ほとんどの高校の目標が

  • 甲子園に出場する
  • 初戦を突破する
  • ベスト8
  • ベスト4

などの目標を立てていたと思います。

甲子園に出場することが目的の高校と甲子園で春夏連覇を目標とする大阪桐蔭では、意識がまったく違います。

意識が違えば、当然、やるべき行動も違ってくる。

大阪桐蔭の強さの秘訣は、目標と意識の高さだと感じました。

大阪桐蔭の野球部のみなさん

感動をありがとう!

ついでに言わせてもらうと

目標設定をベスト8とかに設定する意味が分からない!

 

2018年のサッカーワールドカップの日本代表にも感動しましたが、ちょっと気になったのが日本の目標がベスト8だったこと。

目標がベスト8ということは準々決勝で負けるということ。

最初から負ける目標を設定しています。

これアントニオ猪木が聞いたら、日本代表全員ビンタですよ!

ワールドカップで優勝することを目標としている南米や欧州の代表には勝てませんよね。

ブラジルなんて優勝が最低条件ですから。

日本人は謙遜することが美徳みたいな感じがありますが、目標設定の仕方は大事ですね。

1

2

3

ダー!

コメント