【2年目突入】THEO(テオ)の運用実績!米中貿易摩擦は大丈夫なのか?

ゴルフ

 

どうも、いしやん(@ishiyaaan0703)です。

 

2017年5月22日にロボアドバイザーTHEO(テオ)で運用を開始して,毎月1万円を積立しています。

 

2年が経過した運用実績がこちら👇

 

日本円 +4,484(1.55%)

 

ドル建て +53.6%(2.05%)

 

米中貿易摩擦は大丈夫なのか?

 

米中貿易摩擦の影響でTHEOのパフォーマンスも若干落ちていますが、今後は大丈夫なのでしょうか?

 

THEOのブログを見る限り、悲観することもないようです。

 

米中貿易摩擦が経済やTHEOのポートフォリオに与える影響は?
米国と中国の間の貿易摩擦について、最近、多くのメディアで報道されています。 今回の貿易摩擦の始まりは2018年1月、米国は太陽光発電パネルをはじめ様々な中国製品に関税を課し、それに対して中国政府は米国製品への関税の引き上げを発表しました。

 

抜粋すると

 

中国の経済成長は、過去に比べて輸出への依存度が低くなっている。

中国は、対米輸出の減少を相殺するために、国内消費または他国への輸出を奨励する余地がある。

米国経済にとって、貿易が占める部分は比較的小さい。

米国の政治サイクルを考慮すると、トランプ大統領の発言の多くは長期的な政策転換ではなく、国内の政治的目的のためである可能性が大いにある。

 

まぁ、景気が良かろうが悪かろうがコツコツ積立をしていきます。

 

👉THEOの詳細はこちら

コメント