【読書感想】新インナーゴルフ!型の大河で溺れているゴルファー必見!

ゴルフ

 

どうも、いしやん(ishiyaaanT_T)です。

 

面白いゴルフの本を見つけたので紹介します。

 

新 インナーゴルフです。

 

 

インナーゴルフとは、自分の中には「2人の自分」が存在しているというもの。

 

1人がゴルフのやり方を指示し、もう1人が実際にゴルフをしている。

 

ゴルフのやり方を指示する方をセルフ1

 

もう1人の自分をセルフ2と名付けています。

 

セルフ1はとても厄介な奴で、単にボールの打ち方だけを指示するだけでなく、過去のミスを責め、将来のミスに対して警告し、失敗の度に叱責します。

 

ゴルフでミスが連発すると

 

「力を抜いて」

 

「ボールをよくみて」

 

「ヘッドアップしないで」

 

「またOB打つぞ」

 

「何やってんだ下手くそが」

 

などなど、色々考えますよね。

 

それがセルフ1です。

 

セルフ1を黙らせて、セルフ2にプレーさせると格段にいいプレーができて、イライラもしなくなります。

 

自分がアドレスに入った時に同伴者から

 

「もっと膝を曲げろ」「頭を動かすな」「ボールをよく見ろ」などと言われたら、集中できなくてブチギレると思いますが、自分自身の頭の中では、それをやってしまっています。

 

この本では、どうやってセルフ1(雑念)を排除するかや、集中力を高める方法を解説しています。

 

私もそうでしたが、今の情報過多の時代に型の大河で溺死寸前になっているゴルファーがたくさんいると思います。

 

そんなゴルファーにぜひ、一読して欲しいです。

 

 

コメント